理解と共感の力、来談者中心療法、認知行動療法

理解と共感のちから

 

カウンセラーは、基本的にアドバイスいたしません。
ただ、じっくりと、お話をお聞きいたします。
それで、ご相談者様は変わっていかれます。

 

では、なぜ、カウンセリングで人は変われるのでしょうか?

それは「ただ話を聴いてもらう」というカウンセリングには、「理解と共感の力」がある。
そして、人は理解され共感されると、悩みや問題を自ら解決するようになるからだと考えております。

 

ただ「お話を聞くだけ」と言っても、カウンセラーは「お気持ちを理解し共感できるまで」お話を訊き続けます。
そして、カウンセラーがご相談者様のご事情とご心情を、心から理解・共感できると、そのことがご相談者にも伝わり、ご相談者様の孤独や不安の気持ちが癒やされ、「問題を解決していきたい」という前向きな気持ちを引き出すことと考えております。

 

 

来談者中心療法

 

「来談者中心療法」とは、カール・ロジャースが提唱した心理療法です。
「ご相談者様は、話したいことだけを話す。話したくないことは話さない。カウンセラーは、傾聴に徹する」会話を通じ、ご相談者が自ら、悩みや問題を解決していくお手伝いをいたします。

 

それは、ご相談者様が、自分の発した言葉に従って、自分の人生を切り開いていくことにもなりますので、他人に依存して自分の人生を選択する生き方から、自分の意思や気持ちを大切にして、自分の軸を持って生きていくことにつながりなります。

 

 

認知行動療法

 

日頃、私たちは、その時の気分や感情に流されて生きてしまいがちで、自分の思考や感情の一つ一つを認知するという作業を怠りがちです。

認知行動療法は、ご自身の思考、感情、発言、行動などを、冷静に客観的に認知観察していただく心理療法です。

この作業を繰り返すことで、ご自身が本当にやりたいことや、好きなことに気づくようになります。それは、ご自身の強みや愛情を認めることにもつながりますので、自己肯定感を高めることや自分を好きになることに役立ちます。